スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【イエ男くん file26】夜な夜なクラブ通うその訳は・・・夢に向かって修行中!

[DVDソフト] 下妻物語 しもつま★ものがたり スタンダード・エディション
「仕事先が自宅から近くて通勤は便利」と聞けばうらやましくて何よりだが、反面、職住接近しすぎで独立に踏み切れないイエ男くんがいる。昼間は郵便配達、夜はDJ修行中の佐藤D作さん(27歳)もその一人だ。

「郵便配達の仕事は高校生のときに経験した年賀状アルバイトが初めて。自分に向いていたのか結局、そのまま居ついてしまったという感じです。よく、フリーターって言われますが18歳のころから約10年、週5日同じ職場で働いてるので、“フリー”という言葉があてはまるかどうか・・・。」職場は一駅離れたところにあり、通勤は主にバイク、雨が降ったときは電車を使っているという。

仕事が終わると、週の半分以上はDJ修行と称し、横浜市内から都内に足を運ぶとのこと。「給料から、原付のガソリン代、ケータイ代を除いた大半はクラブ通いに費やしているかも」というのもうなずける。今は、月平均3~4回のペースで渋谷のクラブを中心にイベントに出演しているD作さん。「まだまだ修行中なので、DJで食べていくには程遠いですね。ROCKを中心としたレゲエ、ミクスチャーが好きです。」

独立について聞いてみると「家と職場が近すぎて現実味がわかない」らしい。

「自活するとしたら、職場の近くかクラブの近くが理想ですね。ただ、クラブのある場所は都内でも有数の家賃相場が高い地域。お金もかかるうえ職場には遠くなって不便でしょ。逆に職場の近くでとなると家にも職場にも近すぎて、独立の意味があるのかわかりません...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。