スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい」7人の暗殺者、ターゲットは1人

ウッドベル(WOODBELL) タイサン 16インチ 6.5JJ 6H/139.7  35 ブラック (4本セット)
7人の暗殺者、ターゲットは1人──報酬は100万ドル! 殺るのは誰だ!!

型破りなまでにスピーディで、まったく先の読めないストーリー展開。なにをするにもひと筋縄ではいかない、曲者揃いの登場人物たち。あらゆる想定をことごとく裏切り、突如襲いかかってくるバイオレンス・アクション。これまでにクエンティン・タランティーノやガイ・リッチーが築き上げてきたクライム・アクションの伝統をさらなる次元へと引き上げ、『パルプ・フィクション』や『スナッチ』をも超える興奮度で、オープニングからラストまでノンストップで疾走しまくる衝撃の話題作、それがこの『スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい』だ。

監督は、02年に公開されたクライム・アクション『NARC ナーク』で世界中の映画ファンを熱狂させ、一時は『M:i:Ⅲ』の監督にトム・クルーズから直々に指名されたことでも話題を呼んだジョー・カーナハン。本作のあとには、ジェームズ・エルロイ原作で、『L.A.コンフィデンシャル』の続編に当たる“White Jazz”(製作・主演ジョージ・クルーニー)の脚色を手がけるハリウッドの人気者でもある。

今ハリウッドでもっとも“ヤバい”監督のもと、最高級のキャスト&スタッフが総集結。時代のど真ん中を撃ち抜くスタイリッシュなハイテンション・バイオレンス・ムービーの新たな傑作が、今ここに誕生!

■ストーリー
ラスベガスの人気マジシャン、エースは、裏社会のギャングたちと付き合ううちに、彼らの世界にすっかり魅了されてしまい、自らもマフィアの真似事を始めた...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。