スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「石見銀山」世界遺産へ:大型連休中初のパーク&ライド導入、人出過去最高 /島根

大画面 9インチワイド液晶テレビモニター PC(パソコン)接続可!【春第2弾2】
 ◇1日当たり9000人--プレ“登録効果”裏付け
 大田市は7日、石見銀山遺跡をマイカーなどで訪れる観光客に対し、大型連休中に初めて実施した「石見銀山方式の観光」の実績を発表した。同市大森町の町並み保存地区で、4日に記録した1日当たりの人出8000人を9000人と修正。過去最高だった昨年の7000人を大幅に上回ったことが分かった。また人気スポットの有料通り抜け坑道「龍源寺間歩」は1・7倍増となり、登録が決まる直前の“世界遺産効果”を裏付けた。
 市によると、同市大森町の町並み保存地区には、先月28日から6日までに約5万2000人が訪れ、昨年同時期を6000人上回った。このうち、龍源寺間歩には1万6684人が入場した。昨年は9661人、一昨年は5408人だった。
 「石見銀山方式」は、同保存地区を訪れる車両を約3キロ離れた指定駐車場(収容約400台)に導き、観光客は路線バスに乗り換えて町に入るパーク&ライドの交通規制。市は、1日に町に入る観光客が2000人が理想とし、保存地区内にある住民用駐車場(約50台)には一般観光客は入れないと決めた。
 しかし、連休初日こそ3500人だったが、後半は急増。4日は指定駐車場の空きを待つ車が県道にはみ出し、長い列を作った。また、県道脇の空きスペースや待避レーンは駐車する車で埋まり、ピーク時には指定駐車場を含み約850台が町並み周辺に駐車した...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070508-00000249-mailo-l32)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。