スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スズキ、電動自動車7モデル10台を国際福祉博覧会に出品

アグラス:アクスルプロテクター/ファンネルタイプ アルミ / GSR400/600
 いち早く中国市場に参入している自動車メーカーのスズキは、今月7日に閉幕した「2007年中国国際福祉博覧会」で、電動自動車7モデル計10台を展示した。同社の電動自動車が中国で披露されるのはこれが初めて。スズキ北京事務所の松原邦久所長(兼鈴木(中国)投資有限公司副董事長)は「今後、中国市場の発展状況を見て輸入販売を決定する」意向を明らかにした。 また、同車を輸入方式で導入した場合、「売価は3-5万元になるだろう。価格があまり高い場合、新たに設計しなおすこともありうる」としている。 ある自動車業界の専門家は「スズキが博覧会に参加した目的は、自動車以外の製品を拡大し細分化した中国市場に食い込むためだ」との認識を示す。これら電動自動車のターゲットは身体障害者及び高齢者となる。(編集NT)

(引用 livedoorニュース)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。