スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パナソニック、フルセグ対応地デジチューナー装備、Bluetooth対応カーナビ

全国ドライブガイド「びあはーる」
松下電器産業は、「フルセグ」地上デジタルチューナーを標準装備したHDDカーナビゲーション3機種と、オプションのBluetoothユニットを発売する。フルセグとは地上デジタル放送(12セグ) ワンセグサービスの意味。価格は344,400円から354,900円、Bluetoothユニットは21,000円となっている。発売は6月11日から(CN-HDS945TDのみ7月2日から)。

今回発表されたのは、パナソニックのカーナビシステム「ストラーダ」シリーズの最上位モデルにあたる。特徴は「4チューナー×4アンテナ」技術を採用し、地上デジタル放送(12セグ)の受信能力を大幅に向上させたこと。従来機に比べて地上デジタル放送の受信可能距離が約1.8倍に、高速走行中では約2倍に向上したという。もちろんワンセグサービスも受けられる。また、ディスプレイには一般的な液晶モニターより高精細なワイドVGAモニターを採用した。

新たにBluetoothにも対応し、ポータブルオーディオプレイヤーなど、デジタルAV機器との連携が強化された。ハイスルーレートプリアンプの採用などにより、MP3音楽データのような圧縮音源も再生できる。Bluetooth機器の接続には、オプションのBluetoothユニット「CY-BT200D」(21,000円)が必要になる。

オプションのiPod用インタフェースケーブル「CA-DC300D」(5,250円)を使用すれば、ナビ本体でiPodが操作できる。曲名表示はもちろん、日本語表示にも対応している。ただしBluetoothユニットとiPod用インタフェースケーブルの同時使用はできない...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

パナソニックをあなたに捧げます

2006年4月15日発売予定<特長>1.当社AVアンプ(SU-XR57)とワイヤレス接続でサラウンドスピーカーをすっきり設置AVアンプからさらサラウンドスピーカーへの配線をワイヤレス化し、長いスピーカコード線が不要ですっきり配線ができ、スタイリッシュで手軽に5.1Chサラウンド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。