スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松下、カーナビ「ストラーダ」連携のコンテンツサイト。アクトビラ版も

走行中でも快適テレビナビキットデータシステム TV&NAVIキットムーブカスタム  L150・152・1...
 松下電器産業株式会社 パナソニック オートモーティブシステムズ社は、HDDカーナビゲーションシステム「ストラーダ(Strada)」の新製品との連携機能を持った、専用コンテンツサイト「おでかけストラーダ」を6月以降に順次開設すると発表した。利用は無料で、PCやアクトビラ、モバイル版が用意される。

 「おでかけストラーダ」は、同社が5月15日に発表したストラーダ Fクラスの新製品との連携機能を持ったコンテンツサイト。「食べる」「見る」「遊ぶ」などの各ジャンルからスポット検索できる機能に加えて、検索データを目的地や経由地に設定したドライブプランを作成できる機能も用意する。

 作成したドライブプランは、SDメモリカードを介してストラーダ側に反映が可能。データ読み込み後にストラーダ側で追加操作を行なうことで、ルートが作成できるとしている。

 PC版とモバイル版は6月にサイトが開設される予定で、モバイル版は当初NTTドコモの携帯電話端末のみ利用できる。また、デジタルテレビ向けポータルサービス「アクトビラ」向けのサイトも、6月に開設するという。

 15日に発表された「Fクラス」は、いずれも地上デジタルやワンセグチューナーを標準搭載したHDDカーナビゲーションシステム。SDメモリカードを利用した「SD Link」機能では、おでかけストラーダ以外にもSDオーディオのやり取りが可能。また、光学ドライブを内蔵するほか、別売のiPod用ケーブルを購入することで、ストラーダの画面からiPodの操作も行なえる...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。