スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「問答無用!」75年前の5・15事件に思う。

小林旭マイトガイトラックス 日本クラウンイヤーズ1964~1970 / 小林旭
【PJ 2007年05月15日】- 雪の2・26事件は、様々な意味からも語られることも多いが、白昼堂々と、現職の内閣総理大臣を総理官邸で射殺した5・15事件について語られることは少ないようだ。

 75年前の1932(昭和7)年5月15日(日曜日)に起きた、海軍青年将校を中心とし、陸軍士官候補生、橘孝三郎が茨城県水戸市で主宰していた愛郷塾のメンバー等が参加したテロ・クーデター未遂事件である。なお、5月14日にはチャップリンが来日、犬養総理との会談が予定されていたが、直前にキャンセルしたためテロの標的とならなかった。

 『日本国民よ!刻下の祖国日本を直視せよ 政治、外交、経済、教育、思想、軍事……何処に皇国日本の姿ありや 政権党利に盲ひたる政党と之に結托して民衆の膏血を搾る財閥と 更に之を擁護して圧制日に長ずる官憲と 軟弱外交と 堕落せる教育と 腐敗せる軍部と 悪化せる思想と 塗炭に苦しむ農民労働者階級と 而して群拠する 口舌の徒と…… 日本は今や斯くの如き錯騒(綜)せる堕落の淵に既に死なんとしてゐる 革新の時機!!今にして立たずむば日本は亡滅せんのみ 国民諸君よ 武器を執って立て!今や邦家救済の道は唯一つ「直接行動」以外何物もない 国民よ! 天皇の御名に於て君側の奸を屠れ!国民の敵たる既成政党と財閥を殺せ!横暴極まる官憲を膺懲せよ!奸賊、特権階級を抹殺せよ!農民よ、労働者よ、全国民よ……祖国日本を守れ!而して……陛下聖明の下、建国の青(精)神帰り国民自治の大精神に徹して人材を登用し、朗らかな維新日本を建設せよ 民衆よ!この建設を念願しつつ先づ破壊だ!凡ての現存する醜悪な制度をぶち壊せ!威大なる建設の前には徹底的な破壊を要す...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。