スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エコドライブ、普及にアクセル 自動車各社、燃費向上へ取り組み

オージードリームオリジナルシートカバーダイハツ・タントカスタム専用本革調シートカバー
 自動車メーカーが、運転の仕方を工夫して燃費を向上させる「エコドライブ」を支援する取り組みを加速させている。信号待ちで停車すると自動的にエンジンをストップさせるシステムや、運転時の燃費がリアルタイムで分かる「燃費計」の搭載を進め、ドライバーの燃費改善意識を高めてもらおうとの考えだ。エコドライブで燃費が改善されれば、二酸化炭素(CO2)の排出量削減にも直結するだけに、各社の支援システムへの注目は高まっている。

 ≪ゲーム感覚で≫

 エコドライブは、急加速を避けたり、前方車両との車間距離を十分にとることで無駄なブレーキや再加速をなくし、自動車の燃費を向上させる運転手法。ドライバーが意識する場合としない場合とでは、燃費改善効果に2割程度の差が出るケースもある。

 ダイハツ工業が昨年12月に全面改良した軽自動車「ミラ」は、これまでマニュアル車だけに搭載していた「アイドリングストップ機構」を無段変速(CVT)車にも拡大した。アイドリングストップ機構は、停止時に自動的にエンジンを止め、発進時にはブレーキを放すだけで自動的にエンジンが再始動する仕組み。ミラはこうした機構に新型エンジンを組み合わせることで、燃料1リットルあたり27・0キロメートル走る低燃費を実現した。

 ホンダは走行時の燃費が瞬時に分かる「燃費計」の標準装備化を進め、すでに国内販売台数の4分の3に搭載した。...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070505-00000021-san-bus_all)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。