スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アリシアはセクシーな殺し屋、コモンは主人公の右腕役

カーメイト 【TE‐94】車種別専用ハーネス スバル TE・SQシリーズ対応
R&Bシンガーのアリシア・キーズとラッパーのコモンが、俳優としてスクリーンデビューを飾った映画『スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい』が、今週末より全国公開となる。タイトルからもわかるとおり、大勢のヒットマンが入り乱れて撃ちまくる過激なバイオレンス・ムービーで、アリシアはセクシーな殺し屋を、コモンは主人公エースの右腕役を演じている。

ラスヴェガスの人気マジシャンからマフィアの世界に進出したエースが、マフィアのボスに100万ドルの賞金を賭けられて、殺し屋たちから命を狙われるという単純なお話ながら、殺し屋が何組も登場するわ、FBIが介入するわ、妙な弁護士が絡むわで、人物相関図はかなり複雑。それも超クセ者キャラばかりで、やたらめったら銃をぶっ放すので、最初は呆気にとられるが、意外などんでん返しも用意されていて飽きることはない。ストーリー展開がまるで読めないからこその面白さといえるかも。

出演陣はベン・アフレックやアンディ・ガルシアといった大物をはじめ、レイ・リオッタ、ジェレミー・ピヴェン、ライアン・レイノルズなど個性派ぞろいで、「えっ、この人がこんな役!?」と驚くような配役もあり。音楽ファンにはアリシアとコモンの絡みも見逃せないポイントだ。そのアリシアは、「脚本を読めば読むほど興味が深まった。ラストまで読み終わる頃には、もうすっかり夢中になっていたわ」と語り、黒づくめの衣装に網タイツ姿でクールな女殺し屋になりきっている...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。