スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長谷川洋三の産業ウォッチ 財界:経団連会長2年目の成果

レクサスLS460に5H114.3のホイールを取り付ける専用 PCDチェンジャー15mmフロント

「1年間あっという間に過ぎた。新しいことを勉強するチャレンジングな毎日だよ」

   日本経団連の御手洗富士夫会長(キヤノン会長)は2007年5月7日、定例会見後のぶらさがりで、会長就任後まる1年の感想をこう述べた。御手洗会長は就任後、日本経団連会長は政策集団であるべきだと繰り返してきたが、「安倍首相との対話を通じ、モノ申すべきは申し、政治との車の両輪として政治経済の近代化に貢献してき」と自信を見せる。

   最近の話題といえば、4月28日から5月3日にかけ、安倍首相の中東諸国歴訪に随伴し、72社・団体175人の大ミッションの団長として1週間足らずの間にサウジアラビアなど中東5ケ国を駆け足訪問したことだが、「資源エネルギー協力だけでなく、人材育成やインフラ整備など、協力範囲を多角的、重層的に広げることができた」と満足そう。1日1ケ国訪問というハードスケジュールだったが、「時差のある生活には米国駐在時代に訓練を積んでいるので苦にならない。忙しいことは結構な話だ」という。帰国後、最初の土日にはゴルフを連日楽しむなどタフな一面をのぞかせた。

   5月23日の日本経団連定時総会で会長職2年目に入るが、「1年目で方向性を示すことができたと思うので2年目は実行面で成果があげられるよう努めたい」と抱負を語る。新興国の台頭などで世界経済は平均成長率5%の高水準にあり、これを追い風に日本経済も2%成長は底固い見通し...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。