スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 日野自動車は4日、生産ラインで大・中型トラックの運転台(キャブ)をユーザー指定色に塗装するサービス ...

 日野自動車は4日、生産ラインで大・中型トラックの運転台(キャブ)をユーザー指定色に塗装するサービス「日野カスタムカラー」を5月7日に始めると発表した。従来に比べて、品質改善や短納期化を図れるとしている。価格は8万―10万円。初年度に大・中型トラック販売台数の10%程度の利用を見込む。

 トラック事業主はビジュアルアイデンティティー(VI)の一環として固有カラーを採用するのが一般的。現在は日野が工場で標準色の白を塗装してから出荷し、ユーザー指定色を社外の架装メーカーが行っている。メーカーの生産ラインで行うことで2―3日の納期短縮が図れる。

 まずはソリッドと呼ぶ赤や青などの単一カラー塗装からサービスを開始。6月以降、メタリックやツートーン(2色)にも対応する。塗装後のキャブは色ムラがなく、耐久性に優れているという。同様のサービスはすでに、日産ディーゼル工業が展開している。





日野自動車(株) - Yahoo!企業情報 - Yahoo!ファイナンス

(引用 yahooニュース)




◆日産関連ブログ記事
またもや、飯倉くん? - PRECIOUS ONE☆koshiankam... (4月7日0時2分)

今回もミツビシ車を使用しています。 - 斜視自動車評議会備忘録 (4月6日23時58分)

「グランド・スラム」29号発売日 - momi051の野球日記 (4月6日23時43分)




スポンサーサイト

コメント

もしブログで収入を得る為に
ブログを書いているならすごいサイトが有りますよ

一回見に来て見てね

ブログマスター

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。