スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【中国】中国株:2006年決算を睨んで次の一手を-その3

▼車に必須、バッテリー・タイヤのトラブルに!「車載用工具セット」【5/20迄】1円~26個!
中国株、人民元、不動産……中国のお金の流れ 第22回-阿部享士(日本事業通信網 代表取締役社長)

(前回からの続き)

■高速道路:中国の自動車販売台数は2020年に2000万台

 中国自動車協会の統計によると、2006年の自動車販売台数は前年比25.1%増の722万台をマーク。中国の自動車市場はすでに米国に次ぐ世界第2位の規模に拡大しています。また、特筆すべきは個人の保有台数の増加で、その比率は58%まで上昇、中国にもいよいよ本格的なマイカー時代が訪れたことを示しています。同協会の予測によると、中国の自動車販売台数は2020年までに2000万台まで増加するとされ、これにともない高速道路の交通量も順調に拡大する見通しです。

 中国のマイカーブームの恩恵をダイレクトに享受しようとするなら、自動車メーカーより、高速道路株の方が中長期的な投資妙味は大きそうです。これらの銘柄は基本的に競争がなく、現金商売で取りっぱぐれがないことが強みです。

◆参考銘柄:安徽高速道路(アンキエクスプレス、0995)、江蘇高速道路(コウソエクスプレス、0177)、深セン高速道路(シンセンエキスプレス、0548)

■航空:飛行機のように高く飛べない航空会社の株価

 最近の銀行金利の上昇で最も純利益が減少するのがこのセクター。旅客機購入などに莫大な資金が必要となるため、各航空会社の財務状況は厳しい。香港のアナリストの試算によると、0.5%の金利上昇で3-4割の利益が吹っ飛ぶとされます...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。