スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テスト2日目はトゥルーリが担当

トヨタ ハイエース 200系 高級メッキ リアドアミラーカバー
パナソニック・トヨタ・レーシングは、カタロニア・サーキットで冬季オフシーズンから続くテストプログラムを継続している。テスト2日目は、天候に恵まれず、朝5時から降り始めた雨は、時にひどく激しくなり、チームがテストのために走行するのを妨げた。

このため、ヤルノ・トゥルーリは、昼食前までに、初期チェック走行すらできない状況であった。正午過ぎには、雨は若干弱まり、多くのチームがこの機会に周回を重ねた。ヤルノ・トゥルーリは、雨の合間を縫って数周をこなし、システムに関する作業を行った。しかし、その後、降雨は激しくなり、午後の作業は短縮せざるを得なかった。ヤルノ・トゥルーリは3日目もテストを継続する予定。チームはテストを一日延長し、木曜日にもラルフ・シューマッハーがテストを行うこととなった。

ヤルノ・トゥルーリ : TF107/01
ベストラップ:1分32秒943 順位:7位 周回数:21周 走行距離:97.8km
「私が言えるすべては、雨の一日だったということだ。天候とコンディションが非常に悪く、どのチームも、有意義な作業ができなかった。われわれは数周をこなし、その中でできる、システムと電気系に関する若干の作業を行ったが、それだけであった。明日は良い一日になってくれることを望んでいる。天気予報では天候は回復するようなので、より有意義な結果を得られることを期待している」

ゲルト・プファイファー : テスト・チーム・マネジャー
「このような日には、有意義なことは非常にわずかしか達成できないものだ...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070503-00000005-fliv-moto)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。