スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国交省、06年の燃費性能トップ10を発表


国土交通省は29日、06年の「燃費の良いガソリン乗用車ベスト10」を発表した。今年は市販車のほとんどを占めるAT車、CVT搭載車を対象とし、ユーザーにより有用な情報提供を目指した。

最も燃費に優れる車は、小型・普通自動車がトヨタ自動車の『プリウス』、軽自動車がダイハツ工業の『ミラ』となった。トップ10には、ハイブリッド車やCVT搭載車が多い。

国交省では毎年、自動車ユーザーの省エネへの関心を高めることなどを目的に「自動車燃費一覧」を作成し、燃費の良い車を公表している。今年は市販車の約96%を占めるAT車、CVT搭載車を対象にまとめた。

普通・小型車ではトヨタのプリウス(35.5km/リットル)がトップで、これにホンダ『シビックハイブリッド』(31.0km/リットル)、トヨタ『ヴィッツ』(24.5km/リットル)、ホンダ『フィット』(24.0km/リットル)、トヨタ『べルタ』(22.0km/リットル)などが続く。

また、ダイハツのミラ(27.0km/リットル)が1位となった軽自動車は、富士重工業のスバル『R1』と『R2』(それぞれ24.5km/リットル)が同率2位。これにダイハツの『ムーヴ』と『ソニカ』(それぞれ23.0km/リットル)が同じく4位で続くなどの結果となった。




(引用 livedoorニュース)




◆ホンダ関連ブログ記事
4月だ… - 雑記帳 (4月3日23時57分)

WSBも結構面白い - CB400SFと一緒... (4月3日23時41分)

アラゴスタ装着 - 車両管理日記 (4月3日23時40分)




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。