スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上海モーターショー開幕 GM、燃料電池車アピール 日系メーカーは高級車

インテリアカーテンダイハツムーブ(L175S)☆3色有り!☆新品
 中国最大級の自動車展示会「上海モーターショー」が20日、上海市で開幕した。自動車販売数で中国は昨年、日本を抜き、米国に次ぐ世界第2位の市場となっており、ショーには成長市場を取り込もうと欧米や日本のメーカーが出展した。会期は28日までで、入場者は約50万人に達するとみられている。

 米ゼネラル・モーターズ(GM)のリック・ワゴナー会長らメーカー各社の首脳も会場を訪れ、新型車などをアピールした。また、環境問題への関心が高まっていることから、エンジンとモーターで走行するハイブリッド車や燃料電池車なども多数展示された。

 日本メーカーではトヨタ自動車が過去最大の31車種を出展。年内に販売開始予定の最高級乗用車「レクサスLS600h」や米国で人気のSUV(スポーツ多目的車)「FJクルーザー」、2008年8月に現地で生産・販売開始する予定の小型車「ヤリス」などを展示。ハイブリッド車のカットボディーを展示し、環境技術の紹介にも力を入れた。

 日産自動車は高級車ブランド「インフィニティ」を中国で初披露。7月に発売する新型「G35」(日本名スカイライン)などを展示。日産は08年末までに同ブランド5車種を中国市場に投入する予定だ。また、今月から中国で販売開始した低価格のハッチバック車「リヴィナ」も展示した。

 ホンダは、新たに中国で販売する「シビックハイブリッド」のほか、昨年9月から同国市場に投入した高級車ブランド「アキュラ」のスポーツカーコンセプトモデルなどを披露...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。