スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の焦点:企業決算・経済指標で日米の経済実態を探る

アースモンスター・極アーシング自動車の性能改善・燃費向上をめざすアーシングキット・マック...
 [東京 23日 ロイター] 今週は企業決算や経済指標で日米の経済の実態を探る動きが強まりそうだ。世界的なマネーの流れを読む上で、週末に発表される日本の物価指標や日銀展望リポート、米国の1─3月期国内総生産(GDP)速報値が注目されている。金融市場は中国の利上げ観測で株価急落・円の買い戻しが起こるなど、まだ不安定な面が残るため、連鎖株安の歯止め役になった米国の株式市場が波乱含みの展開になるようだと市場の動揺が広がると警戒する声も聞かれる。
 <マクロ関係>
●27日に日銀金融政策決定会合、「展望リポート」で金融政策の行方を占う
 日銀は27日に金融政策決定会合を開催し、「経済・物価情勢の展望」(展望リポート)を公表する。展望リポートでは、今後の経済のシナリオと成長率・物価の見通しが示され、金融政策の行方を占うことになる。順調な世界経済の拡大を前提に、設備投資主導で2%程度の成長が続き、物価も先行き上昇基調をたどるというのがメーンシナリオとなりそうだが、米経済動向や企業行動の過熱などがリスクとして指摘される見込みだ。消費者物価上昇率の見通しは07年度が0.2─0.3%程度、08年度は0.5─0.6%程度をたたき台に最終調整が行われているもようだ。
●重要経済指標相次ぐ、CPIはマイナス幅拡大か
 27日に3月全国・4月東京都区部の消費者物価指数(CPI)、3月失業率・有効求人倍率、3月鉱工業生産速報、3月家計調査など重要な経済指標の発表が相次ぐ...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070423-00000646-reu-bus_all)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。