スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【上海モーターショー07】トヨタ、過去最大31台の出展…ヤリス、ハイランダーなど

ワイルド・スピード / サントラ

トヨタ自動車は、4月20日から28日まで、上海新国際博覧センター(中国・上海)で開催される「オート上海2007」(上海モーターショー)に、トヨタとレクサスの2つのブースで過去最大となる合計31台の参考出品車・市販車を出展、トヨタの幅広い商品ラインナップと先進技術を披露するとしている。

今回は、今年年央から天津で生産を開始する新型『カローラ』のほか、広州で生産する予定の小型車『ヤリス』、SUV『ハイランダー』、『FJクルーザー』などを出展する。

また、環境負荷を低減するハイブリッドモデルとしては、『プリウス』のほか、レクサス『LS600h』、『GS450h』、『RX400h』をレクサスブースで展示する。

ヤリス、ハイランダー、FJクルーザー、LS600h、GS450hはいずれも中国初出展となる。

ブース内には「環境・安全」コーナーを設け、トヨタの先進的な環境・安全技術を紹介する。環境コーナーでは、GS450hのカットボディ、プリウスのカットボディを展示、安全コーナーでは、昨年から中国に導入された新しい安全基準C-NCAPで初の5つ星評価を獲得したクラウンの衝突安全ボディを展示する。

20日のプレスカンファレンスでは、トヨタの稲葉副社長が「トヨタは、中国の未来を真摯に想い、中国のためにできることを、パートナーとともに徹底的に追求する。そして、1日も早く、名実ともに良き企業市民として受け入れていただけるように、様々な取り組みを続けていきたい」と述べた...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。