スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【中国】自動車電子部品産業、市場規模は1000億元に

いーぐる⇒ ○メ在庫~30台 シガーライターパワーユニット PU-100VCANON 9402A002
 中国半導体協会の徐小田秘書長は25日、上海で開催された「国際先進自動車電子技術シンポジウム2007」の席上で、中国国内における07年の自動車生産台数が800万台と予想されることから、国内の自動車電子部品産業の市場規模は900億元から1000億元に達すると見込まれることを明らかにした。中国新聞社が伝えた。

 徐秘書長は、「自動車電子部品市場は、世界的にも高成長を維持している。今後数年にわたって自動車用半導体市場は安定した成長を続け、完成車市場の成長率の約2倍に相当する平均7.7%の成長率で推移するだろう」と指摘。その上で、「2010年までには約216億ドル規模の自動車用半導体が自動車の製造に使用されることになるだろう」とした。

 徐秘書長によると、中国国内の自動車工業が高成長を続けることで、自動車電子部品や電子制御機器などが果たす役割も大きくなっている。世界中の企業が中国の自動車電子業界の今後に注目している。世界大手の自動車電子部品企業が、中国国内に協力パートナーを求め、研究開発拠点の中国移転を進めてきたのはそのためである。

 また、徐秘書長は、「中国の自動車電子部品の自動車製造コスト全体に占める割合は、平均で10%以上となっている。世界平均の25%とはひらきがあるものの、これは中国の自動車電子部品市場に大きな成長の余地があることを意味している」と指摘。

 徐秘書長はさらに、「中国の自動車用電子部品業界は、今後も改革を続けながら産業チェーンやプラットフォームを構築し、知的財産権を尊重する姿勢を身につけて健全な業界へと成長していかなければならない」と強調した...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。