スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次世代燃料「バイオガソリン」ついに販売スタート

いーぐる⇒ 【グラフィック・デザイン】 EFRONTIER 3D CARGO 自動車編
 植物を原料にしたバイオエタノール入りのガソリン「バイオガソリン」の試験販売が4月27日から首都圏で始まった。はたして順調に普及するか。

植物を原料にしたバイオエタノール入りのガソリン「バイオガソリン」の試験販売が4月27日から首都圏で始まった。バイオガソリンなどのバイオ燃料は二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスの排出を抑え、環境にやさしいといわれている。

 販売の目的は、日本が京都議定書(国際条約)で世界に対して公約した温室効果ガスの削減目標を達成するためだ。日本政府は、国全体の温室効果ガス排出量削減策のひとつとして、輸送用燃料からの二酸化炭素排出量の削減を掲げており、自動車の燃費を向上させることに加えて、自動車用の燃料にバイオ燃料を導入を決定。具体的な目標数値として、2010年には原油換算50万klのバイオ燃料を輸送用燃料に導入することとし、このうち21万kl相当分のバイオ燃料導入を石油業界に対して要請している。

 バイオガソリンは、トウモロコシやサトウキビなど等の植物から生産されるバイオエタノールに、石油ガスを混合した「ETBE」と呼ばれる液体燃料をガソリンに混ぜたレギュラーガソリンだ。植物生まれのバイオエタノールとバイオETBEを配合することで、大気中の二酸化炭素量の増加を抑えることができる。試験販売するスタンドは、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の50箇所の給油所だが、08年度には100カ所、09年度には1000カ所へと順次拡大し、最終的には4万8,000店ある全国のガソリンスタンド全店で販売する予定だ...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。