スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北京五輪期間中は自動車の交通量を3割削減へ

チャーミーキティ ヘッドレストカバー バラ
 北京市交通委員会の劉小明副主任は4月18日、北京五輪組織委員会プレスセンターで主催した定例記者会見で、北京五輪開催期間中の交通渋滞を解消するためには、五輪期間中は市内の自動車の交通量を20%-30%削減させる方針を明らかにした。これは100万-120万台を不使用とすることになる。 劉副主任によると、北京市の自動車保有台数が、1997年2月に初めて100万台の大台を突破したのに続き、2003年にさらに200万台の大台を突破。2007年現時点で新規登録自動車台数が1日平均1060台となっており、すでに297万台に達した。この勢いでいくと、今年5月には300万台の大台、来年のオリンピックまでには330万台を突破すると予測している。 劉副主任は、五輪期間中の削減目標を達成するためには、公共交通優先戦略の推進、市民へのマイカー自粛呼び掛け、大型車や政府関係車の使用制限、競技施設への無料シャトルバスの提供、競技施設周辺で自家用車の駐車規制など措置を講ずるとしている。 北京市政府は、2008年の五輪開催を控え、市内の地下鉄敷設交通インフラの整備に2004年からの3年間ですでに900億元(約1兆3500億円)を投じ、今後さらに10%アップの年間330億元(約4950億円)を投入し、交通インフラ整備を加速させる計画。 2007年度には、89キロの基幹道路と113つの臨時の交通施設が、新たに建設されるほか、高速道路渋滞の解消のため、208ヵ所の料金所にもETC自動料金収受システム)を導入する...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。