スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会人野球:JABA長野大会 TDK千曲川敗れる /長野

【送料無料】工進1インチエンジンポンプ(超軽量4サイクルKH-25)
 ◇県勢3チームとも予選リーグ敗退
 社会人野球の第50回JABA長野大会(県知事旗争奪大会)=日本野球連盟北信越地区連盟主催、毎日新聞社など後援=の大会3日目が22日、長野オリンピックスタジアムなどで行われた。県勢で唯一、決勝トーナメント進出の可能性があったTDK千曲川はホンダ鈴鹿(三重県鈴鹿市)と対戦したが、0―15で七回コールド負けを喫し、県勢は3チームとも予選リーグ敗退となった。
 また、06年の社会人野球日本選手権準優勝の日本生命と対戦したNTT信越クラブ(長野市)は、初回に先制されたが、三回に進藤義法選手が適時二塁打を放ち同点とし、今大会初の延長戦に持ち込んだが、惜敗した。フェデックスは新日本石油ENEOSと対戦し、0―5で敗れた。
 決勝トーナメントには各ブロックの1位となったトヨタ自動車、日本生命、新日本石油ENEOSの3チームと、2位チームのうち得失点差で西濃運輸が進出。大会最終日の23日、社会人野球日本選手権出場権をかけて戦う。【谷多由】
 ◇甘さ克服し、好投誓う--NTT信越クラブ・河野貴史投手
 延長十回を完投し、強豪・日本生命を7安打2失点に抑えたNTT信越クラブの河野貴史投手(26)。信頼する辻利行捕手(33)のサイン通りに投げ、好投をみせた。辻捕手は「低めを丁寧に突く河野の良さを引き出そうとした」とベテランらしくリード。十回に勝ち越しを許したが「先頭打者を出してしまう自分の甘さを克服したい」と次の好投を誓っていた...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070423-00000164-mailo-l20)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。