スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【特報 追う】ある詐欺事件の裏に(下) 「勝負の決断」占い頼み 答えは「YES」…尽きた資金

【送料無料】税込み4本SET販売価格!☆ドレスアップ☆ヨコハマ アイスガードブラック IG20 2...
 前回に続き、宮城県警に詐欺容疑で逮捕された織田茂徳被告(47)の話。織田被告は架空の投資話を利用して原資を得ると、自ら別の大きな投資話に乗り出していった。だが豪奢(ごうしゃ)な生活は、終わりを告げようとしていた…。(荒船清太)

 1億5000万円の投資で40億円が手に入るという夢のような投資話。その原資を得ようと、手を染めた「FRB」という架空投資話。2つの投資話の間で織田被告は揺れていた。

 織田被告が持つマルチ商法の会社の経理担当の女性の証言を聞くと、別の側面が見えてくる。

 大勝負に出る前、判断に迷った織田被告はそのころ入信した、とある宗教団体の占いに頼った。

 長さ30センチの鎖のアクセサリーを利き手の親指と人さし指でつまんで、おもりを振り子のように揺らす。ぐるぐる回れば「YES」。左右に振れれば「NO」。

 織田被告の占いの答えは「YES」だった-。経理担当の女性はそう振り返る。「入信以前の織田(被告)なら、手を出さなかったと思うけど…」

 量販店ものばかりだった織田被告の服は、高級ブランドに変わり、仙台市内のマンションには高級外車も並んだ。

 そして…。

 織田被告は、手に入るはずの投資の成果、40億円を待っていた。

 織田被告と交際していた女性が語る。

 投資話を進めるために、織田被告と女性は欧州の高級リゾート・モナコに飛び、マンションを契約し、居住権を手に入れていた...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。